遊び探求者の世界

ホビー系を中心に、自分がオモシロイと思ったことを紹介しています!

MENU

絵をかけるようになりたい Ep.3 New Equipments+模写数枚

 こんにちはアナログ絵の練習を初めて一ヶ月近く経ちます。アオ黒です。

 模写を一日1枚は最低やるようにしていて、もうそこそこの枚数溜まっているのですが、ブログが追いついていないというのが現状です。なんだか順序を気にしすぎて停滞しちゃうのが私の悪い癖です。

 今回は絵を初めて最初に紹介した道具に、新たに加えた4本があるのでそれを紹介します。(実際はもっと増えたw)アナログなのでどんどん道具が増えていきますwそれも楽しいですけどねw

 

 

最初に使用していたのはこちらに載っています。よろしければッ

www.aokuroasobitankyu.work

 

まずはじめに紹介するのがこちら、

セーラー 携帯ふでペン薄墨中字

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701143636j:plain

こちらは薄墨の筆ペンで、普段は喪の際などに使うものです。そのため実際はあまり使いたくないのですが、今すごく使っています。私がこれを使っている理由は私の模写先が漫画のものが多いからです。漫画は基本的に白黒で、それにプラスして「トーン」が使われています。トーンは模様が書かれた薄ーいフィルムのようなものでそれを使って服の模様を表現したり、白黒の濃淡を表現したりします。そこでトーンを使うのは大変だけど、濃淡を表現しなくてはならないので、この薄墨ふでぺんを使っています。

 

実際に使ってみるとこんな感じ

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701155905j:plain

重ね塗りをすることで、色の濃さを調整することができるので使える幅が広いです。(塗りすぎると穴が空いてしまうので注意です)

 

 

次に

COPIC ドローイングペン F01

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701143638j:plain

こちらはイラストの彩色用のペンでよく知られるコピックの会社から出ているペンで、万年筆型のペン先で特有の書き心地と安定した線が描けます。定価は300円です。

 

ペン先はこんな感じ

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701160056j:plain

なんだかナッツのようなペン先

書いてみるとこう、

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701155951j:plain

Gペンのように緩急をつけることはできないながらも万年筆特有の心地よい引っ掛かりを感じて書いていて気持ちいいです。先の太さも安定するので、癖もなく使えると思います。イラストだけでなく、普通の文字を描くときにも使いたくなります。

 

次は

PLATINUM ペイントマーカー 細字・油性

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701143635j:plain

こちらは100均で購入。やっぱりミスってしまうことがあって、なかなか良さげなのが書けたところに致命的なミスをしたときになんとか捨てずに済ませようと思い、使っています。

押し込んでインクを出して使うタイプです。

使うとこういう感じ、黒の塗りつぶしの上に書きました。

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701160257j:plain

これのおかげで助かってはいますが、使い心地がすこし微妙が正直なところです。出てくるインクが安定しないような気がします。あと少し薄い、重ね塗りをしてちゃんと修正できる感じです。細かいイラストの補修用ではないのでしょうがないですね。でも助かってます。

 

 

4本目は非常によく使っています。

キャンドゥ ツインセルライナー2

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701143633j:plain

こちらはtwitterで知って購入。100均のキャンドゥで手に入れられます。短めな筆の先と0.5mmのマーカーになっていて2種類の使い方ができるペンです。

使ってみるとこんな感じ、

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701160404j:plain

上のホワイトマーカーの下の塗りつぶしはこれで行いました。

上2本の線が、筆、下2本がマーカー側です。

これで特に使っているのは、塗りつぶしです。塗りつぶしにはぺんてるの筆ペンを使っていましたが、量を使うのでちょいもったいないのと、丁寧にやらないと先が擦れて線が汚くなってしまうことがありました。そこでこれの筆の方をよく使っています。インクの色が多少薄いですが、短めのペン先なので感覚的にわかりやすく塗れて重宝しています。

全体的に安定して使えるなぁという印象で重宝しています。タイプ1もあるそうで、次回はそれも使ってみたいです。

 

<最後に>+模写紹介

こんな感じで、新しく追加してよく使っている4本のペンでした。冒頭にも書いたようにものが増えていってしまう私のアナログですが、これらのペンがペン立てにいっぱいに入っているとなんだか一端のイラストレーターになったがして楽しいですッ 持ち替えて気分も変わるのでこのスタイル気に入っています。

 

 

さて最後の挨拶の前に、模写を3枚紹介したいと思います。今回もですが、あんまりうまくありません。戒めとして晒してんだなぁとだけ思ってくださいw

 

まずは前回も書いた悟空と同じコマの4枚め

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701160636j:plain

顔が小さめだし、なんか違うッ首だけ長いし変ッ

塗りつぶしのところは4本目のペンを使っています、見えるようにムラが出てしまいます。けど塗りやすい。なんかはらたつ、、

 

2枚め、もう成長後の悟空無理かもと思って書いた少年期悟空

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701160912j:plain

書いているものはわかるけどパワーがない、書いただけな感じが出ていてあんまり気に入っていないです。やっぱ目かなぁ、、

 

3枚めは模写をやるきっかけになった石ノ森章太郎先生の009島村ジョー

これは比較的イイような気もしますが、脚が短かったり、前髪のバランスだったりとまだまだな出来。目が優しすぎるしなんだかまとまりが無い。

f:id:MyhobbynewLIFE:20200701160954j:plain

脚の光り方とかはちょっと良かったかなと思います。

 

やっぱり模写は難しいッ特に悟空とかもう折れそうです。公開と結構ギャップがあって枚数溜まっているので、いずれはキャラクター別やカテゴリーでまとめて紹介しようと思います。

 

 

こんな感じで、新たに使っているペンと模写でした。もっともっとうまくなりたいッやっぱり基本が足りてないような気がしますね。練習しますッ

では、閲覧ありがとうございましたッ(0o0)/

 

 

プライバシーポリシー